SHIGOTABI

SHIGOTABI

11ビジュアルでストーリーを語るための「見方と考え方」

ストーリーをビジュアルで伝えるために最初に必要なことは「絵がうまく描けること」ではなく、

そもそもの画像における「視覚言語」の理解です。

視覚言語という視点からはじめることで、「どうしたら伝わる絵を描けるか」を目的として、絵を

描くための必要な技術が後からついてきます。

私たちが身近に触れている沢山の「形」「線」それらがおりなす「構図」によって、どのような影

響を受けているのかを知る、体感するワークショップです。

この3 日間ワークショップでは、「説明するよりも“実践すること”」に重きを置いて、レクチャー

内容ごとに都度ワークを行い、ワークで出来上がった物をもとにフィードバックをしあう形式に

なっています。

SARUYA HOSTEL
山梨県富士吉田市下吉田3-6-26

2.12 Fri
①講義&実践 18:00-21:30
「アニメーターと一緒にフィルムスタディー」 / 講師:斉藤拓也、砂糖ふくろう

2.13 Sat   
②講義  10:00-15:00
伝えたい事が描ける!実践構図講座:午前参加の部  / 講師:斉藤拓也、砂糖ふくろう


③講義  16:00-21:00
伝えたい事が描ける!実践構図講座:午後参加の部 / 講師:斉藤拓也、砂糖ふくろう

①100名まで ②5名まで ③5名まで

① アニメーターと一緒にフィルムスタディー :無料
定員 100名

② 伝えたい事が描ける!実践構図講座:午前参加の部 :有料 10,000円(税込)
定員 5名

③ 伝えたい事が描ける!実践構図講座:午後参加の部 :有料 10,000円(税込)
定員 5名

0555-75-2214 (10:00~19:00)

砂糖ふくろう
1982 年1 月18 日生まれ。2018 年より専門学校や出版社などでジェスチャードローイングの講師
を務める。京都芸大通信教育部デザイン科イラストレーション科講師。

斉藤拓也
1985 年8 月26 日生まれ。プロダクションIG、スタジオジブリ、WIT スタジオ、神風動画を経て、
東映アニメーションのデジタル部へ。 2019 年5 月より、フリーランスとして活動中。京都芸大通
信教育部デザイン科イラストレーション科講師。

【参加につきまして】

・ワークスペースの会場を貸切、最大15 名限定として、ゆとりを持って設営しております。
・体調の悪い方はお知らせください。
・店頭に消毒用のアルコールをご用意しておりますので、入館の際にご協力をお願いいたします。
*以下の方は参加できません。
1, 37.5℃以上の発熱、咳、下痢、味覚障害、嗅覚障害等の症状のある方
2, 新型コロナウイルス感染症の陽性判明者との濃厚接触がある方
3, 同居者、家族など身近な知人の感染が疑われる方
4, 開催日から遡り、過去14 日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、
地域等へ渡航及び当該国、地域の在住者との濃厚接触がある方

【キャンセルにつきまして】

・キャンセルについて、お申し込み後のキャンセルの場合はPeatix を通じて、14 日前までにご連
絡をお願い申し上げます。
それ以降のキャンセルはお受けしておらず、すでにお支払いいただいたとしても、参加費の返金は
お受けできません。
・期限までにキャンセルされた場合であって、すでに参加費をお支払いいただいているときは、
Peatix の規定により、下記のとおり参加費が返金処理されます。
クレジットカードでお支払の場合:キャンセル手数料はかかりませんので、全額が返金されます。